GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

ECU・車両 診断に関する技術資料 ECU・車両の診断に関する技術アーティクル

SOVD - これからのECU・車両診断

現在、ASAM(Association for Standardization of Automation and Measuring Systems)では、SOVD(Service Oriented Vehicle Diagnostics)と呼ばれる新しい診断構造の標準化を進めています。Softingは、SOVDを実現するための各種製品を提案しています。ODX/OTXを対応するパワフルな診断サーバとスマートAPIを提供するSDE(Smart Diagnostic Engine)など、将来の要求を満たすソリューションをご提案します。

フラッシュ・プログラミングの柔軟性を極める

フラッシュ・プログラミングは、すべてのECUと車両のライフサイクル全体にわたって、非常に高い柔軟性を保証します。性能、プロセス、データ量などの面で発生する課題は、適切なシステム・アーキテクチャーによって容易に管理することができます。自動車に搭載されているECUのフラッシュプログラミングは、今や広く普及しています。新しいソフトウェアを直接、またはテスターを使ってゲートウェイ経由で供給することができます。現在はプログラミングアプリケーションとECUの間に車両インターフェースを接続する必要がありますが、将来的には、OTA(Over-the-Air)のアップデートにより、さらに可能性が広がります。

革新的なECUアクセス

診断は車両のライフサイクルの様々な段階で登場する新しいタスクを担うようになってきました。通信テスト、データの解析、ECUの仕様との照合、測定値の表示、ECUとそのバリアンツのパラメータ化、プログラミングなどです。VINING2000はこのような多岐にわたる要求に応える多目的車両インターフェイスです。


車両全ライフサイクルでのECUフラッシュ

Flash Solution


Softing社 のフラッシュソリューションは、開発、製造、納車後の修理工場、顧客の車両の各フェーズで、簡単に効率的に実現するものです。OTA(Over-the-Air)アップデートでは、遠隔地からオペレーションが可能です。各フェーズでのソリューションの詳細をご紹介します。


診断とセキュリティ


これまでのように、診断テスターとインターフェイスまたは車両がケーブルで接続されようなローカルな診断では不正アクセスのようなリスクはありませんでした。が、インターネットのような無線を介したリモート診断やSOTAによるソフトウェアのアップデートなどでは不正アクセスやハッキングに対する協力なセキュリティが必須となります。

TOP