GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

Bluetooth LE の基礎解説(動画) BLE (Bluetooth Low Energy) に関する基礎から最新規格まで技術を学べる動画を紹介しています。

Bluetooth 5.2新機能のポイントを10分で解説!

この動画では2020年1月に発表されたBluetoothバージョン5.2新機能の概要を中心に話します。Enhanced Attributeプロトコル(EATT)、LE Power Control (LEPC)、Isochronous (アイソクロナス)チャネルなど、これらの各機能について詳しく説明します。最後に、アイソクロナスチャネルを利用した「LE Audio」と呼ばれる次世代のBluetoothオーディオについて解説します。

8分でわかるBluetooth LEの基礎 ークラシックとの違い、使用例を解説ー

Bluetooth 4.0の一部として2010年に発表されたBLE (Bluetooth Low Energy)について基本的な仕組み、従来のBluetooth Classicとの役割の違い、優位性、使用例について紹介します。*2018年4月制作の動画のため、最新規格をBluetooth5と紹介しています。2021年3月時点の最新規格はBluetooth 5.2です。

GAPの役割を理解する

こちらの動画ではGAP(Generic Access Profile)がどのように接続・アドバタイジングをコントロールしているかを学ぶことができます。GAPは2つの重要な側面を定義しています。 1つは、スキャンとアドバタイズを含む、デバイスが相互に検出する方法であり、もう1つは、デバイスが相互に接続する方法と、その後の接続の管理方法です。 *2018年4月制作の動画のため、最新規格をBluetooth5と紹介しています。2021年3月時点の最新規格はBluetooth 5.2です。

アドバタイズメントを理解する

アドバタイズメントの種類、アドバタイズメント間隔などのパラメータについて説明し、次にアドバタイズメントパケットで送信されるデータについて説明します。最後に、Bluetooth 5で導入されたアドバタイズメントの新機能を解説します。 *2018年4月制作の動画のため、最新規格をBluetooth5と紹介しています。2021年3月時点の最新規格はBluetooth 5.2となります。

「接続」の意味とその重要性を解説

こちらの動画では、「"接続"とは何か?」、「どのように"接続"が重要な役割を果たしているのか?」、「デバイスはどのように相互接続するのか?”」といった疑問に答え、さらに接続管理に使用される接続パラメータのいくつかをご紹介します。

重要概念「GATT」を解説

こちらの動画では、ATT (Attribute Protocol:属性プロトコル)、GATT (Generic Attribute Profile:汎用属性プロファイル)、サービスと特性プロファイル (characteristics Profiles)、およびデバイスによって公開されるデータに対するさまざまな操作を紹介します。

Bluetooth LE の消費電力を最適化する方法

Bluetooth Low Energy (BLE)パラメータと各パラメータがデバイスの消費電力にどのように影響するかについて詳しく説明します。 湿度、温度、障害物、電波干渉など環境の要素や、送信電力、アドバタイズ間隔、接続間隔、スレーブ遅延といったBLEパラメータが消費電力に最も影響を与えます。

Bluetooth LEは安全? セキュリティの懸念事項とその対応の仕組み

どんなシステムであっても、セキュリティに関していくつかの懸念があります。今回の動画ではBluetooth LE (BLE)における最も一般的なセキュリティの懸念事項、セキュリティとBLE概要について紹介します。最後に、セキュリティとBLEに関する最も一般的な誤解について取り上げます。

Bluetooth LEのセキュリティ:ペアリングからプライバシー保護機能までわかりやすく解説

LE レガシーコネクションとLEセキュア コネクションのペアリングに関するトピックをはじめ、BLEアプリケーションを保護するためのセキュリティトリガー、BLEのプライバシー保護機能について解説します。

Bluetooth 5の特徴と仕組みを解説

動画ではIoTアプリケーションにおけるBluetooth 5の役割、IoTアプリケーションを容易に実現するためにBluetooth5で導入された新しい機能について解説します。このときBluetooth 5にまつわるよくある誤解についても紐解きます。
*2018年10月制作の動画のため、最新規格をBluetooth5と紹介しています。2021年10月時点の最新規格はBluetooth Core Specification Version 5.3です。

Bluetooth meshの基本を解説 #1

Bluetooth meshの基本について3回に分けて解説します。第1回目はノード、メッセージ、パブリッシュ/サブスクライブ、モデル、シーンなどのBluetooth meshで使用されるさまざまな用語について解説します。 Bluetooth meshは2017年7月にリリースされ、 Bluetooth LEのスタック上で動作します。

Bluetooth mesh技術の基本を解説 #2

Bluetooth meshの基本と特徴について3回に分けて解説します。今回第2回目ではメッシュに関連するノードの種類、アーキテクチャ、ネットワーク管理について説明します。ノードには様々な種類があり、リレーノード、ローパワーノード、フレンドノード、プロキシノードが含まれます。

Bluetooth mesh技術の基本を解説 #3

Bluetooth meshネットワークにデバイスを追加するプロビジョニングプロセスを取り上げます。プロビジョニングプロセスには5つのステップがあります。これら5つのステップを概念だけでなく、実際のキャプチャデータを用いて解説します。 また、Bluetooth meshネットワークのセキュリティ処理プロセスについても解説します。

Bluetooth5.1:高精度位置情報を実現する方向検知機能の解説

Bluetooth 仕様の最新リリースであるバージョン 5.1 の新機能を紹介します。 方向検知機能の技術である AoA (Angle of Arrival) と AoD (Angle of Departure) がv5.1には含まれています。方向検知機能は、複数のアンテナを持つアンテナアレイを用い、電波の位相情報を活用しています。 このアップデートで追加されたGATT キャッシング、アドバタイズ チャネルインデックス使用方法の変更、さらにアドバタイズによる定期的な同期情報の転送機能について説明します。

Bluetooth 方向検知機能の仕組みを解説【AoA・AoDとユースケース】

動画ではAoA (Angle of Arrival) と AoD (Angle of Departure) を用いた方向探知機能と想定されるユースケースを詳細に解説します。 小売店や美術館などで利用が想定される近接ソリューションと、GPS 信号が届かない屋内において資産追跡、ユーザー追跡、経路探索に活用されるRTLS (リアルタイム位置情報システム)があります。

iBeacon / Eddystoneの違いは?【Bluetoothビーコンの機能と使用例の解説!】

動画ではBluetooth ビーコンとは何かを定義し、ビーコンがどのように機能するかを解説しながら、Apple の iBeacon や Google の Eddystone などのビーコンの標準規格の概要と両者の違いについて紹介します。 最後にBluetoothビーコンを活用したユースケースも紹介します。

TOP