GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

PCAN-RP1210 API RP1210開発およびRP1210接続API

PCAN-RP1210 API

推奨プラクティス1210は、Technology and Maintenance Council(TMC)によって、Windows®アプリケーションと車両内の通信ネットワーク間の通信用の標準化されたAPIとして定義されました。

PEAK-SystemによるPCAN-RP1210 APIは、CAN、J1939、およびISO-TPネットワークをサポートするRP1210バージョンCの実装です。 したがって、APIを使用すると、独自のRP1210アプリケーションを開発し、PEAK-SystemのCANインターフェイスで既存のアプリケーションを使用できます。

2020年7月以降、PCAN-RP1210 APIは無料で提供されています。 このAPIは、ドキュメントおよび追加のソフトウェアとともにセットアップパッケージとして提供されます。 PC CANインターフェイスでRP1210ソフトウェアを使用するために必要なDLLは、デバイスドライバーのセットアップでインストールできます。

主な仕様

  • TMCの仕様によるRP1210バージョンCの実装
  • 独自のRP1210アプリケーションの開発
  • Thread-safe API
  • PEAK CANインターフェイスでRP1210アプリケーションを使用
  • PCAN、SAE J1939、ISO-TP(ISO 15765-2)のサポート

注:RP1210バージョンAの実装での開発は、バージョンAがバージョンCに置き換えられました。

推奨ホストPC

  • Windows® 10(32/64ビット)
  • プロセッサ1.5GHz 以上
  • メモリ2GB 以上

PCAN-RP1210 API・ダウンロード

TOP