Renesas社 R-IN32対応 産業イーサネットプロトコル

現在、産業分野におけるイーサネット通信は、高速リアルタイムの応答性や低消費電力化などの高機能の要求が高まっています。
ルネサス社の産業イーサネットLSI 「R-IN32M3 シリーズ」は、従来の方法とは異なり、リアルタイムOSが持つ基本機能の一部をハードウェア化しハイパフォーマンスを実現しました。
 (詳細は、R-IN32のホームページで) 

このR-IN32にSoftingの産業用イーサネットプロトコルをポーティングし、ユーザがスムーズに開発をスタートできるように支援します。
Softingのソリューションの特徴は、以下のとおりです。

  • シンプル且つ共通のAPI(SDAI)でマルチプロコルを実現
      PROFINET (デバイス)、EtherCAT (スレーブ)、EtherNet/IP (アダプタ) etc.
  • R-IN32M3に完全ポーティング (ユーザはポーティング作業不要)
  • 完全なソフトウェア評価キットの提供が可能


  画像はクリックで拡大表示されます

Softingが提唱する共通のアプリケーションインターフェイス SDAIの採用により、ユーザは1度のアプリケーション開発で以下の複数プロトコルに対応する機器開発を実現できます。

ステップ1:PROFINET(デバイス) リリース
ステップ2:EtherCAT(スレーブ) リリース
ステップ3:その他プロトコル プラン中
      (CC-Link IE、EtherNet/IPなど)


  画像はクリックで拡大表示されます

R-IN32をベースに産業イーサネット機器の開発をスムーズにスタートしていただくために、ソフトウェア評価キットをご用意しております。

このキットによりユーザは、通信プロトコルスタックのポーティング作業をすることなく、アプリケーションの開発に注力することができます。

ソフトウェア評価キット製品内容:
  • R-IN32評価ボード用にポーティングされたPROFINETデバイスサンプルアプリケーション
  • 評価用PROFINETデバイスプロトコルスタック:機能は製品版と同等、90分の連続動作に制限
  • 上記評価用PROFINETデバイス(サンプルアプリケーション)のGSDMLファイル
  • シーメンス社PLC(S7-1200)向けサンプルプログラム
  • アクセスライブラリの詳細インターフェイス、アプリケーション仕様、Softing社PROFINETプロトコルスタックの詳細情報
評価に必要なハードウェア:
  • IAR社R-IN32評価ボード(R-IN32M3-EC)
  • IAR社開発ツール
  • PROFINETコントローラ
  • 産業用Managed Ethernet Switch (推奨)
プロトコルスタックライセンス:
プロトコルスタックは、評価キットの一部として提供されます。
上記評価キットで開発されたアプリケーションと一緒にスタックを製品に組み込むためには、プロトコルのライセンス契約が必要になります。
   *ライセンスの詳細については、お問い合わせください。