softing

異なるコントローラ間の接続を実現する
Ethernet ゲートウェイ echochange

                 

echochange Communication Example

Echochangeは Siemens、 Schneider Electric、Rockwell Automationなど主要メーカのEthernet TCP/IPプロトコルを対応します。
このシンプルなプロトコル変換により、異なるメーカのオートメーションシステム間の通信を迅速に簡単に実現することができます。

  • 構成した接続により異なるEthernet機器をつなぐ
  • 異なるEthernetネットワーク(ISO/H1 / TCP/IP)を物理的につなぐ
  • 割り当てたテーブルを介して異なるメーカのコントローラをつなぐ

通信

産業用イーサネットにより既存の製造システムの拡張を簡略化することができますが、その多くの場合コントローラのプログラムを変更することなく強固な機能をもつコントローラ統合を要求されます。
Echochange は、この問題に信頼性の高いソリューションを提案することができます。 PLC データは、1つまたはそれ以上の構成されたコネクション(source/destination protocol)を介してテーブル(source/destination areas)に編成され、変換され対称的に記述されます。(すなわち両方向)
コントローラの変数の選択は割り当てたテーブルのブラウジング機能によりとてもシンプルです。割り当てたテーブルを使用する代わりに、FetchとWriteクエリを介して大容量のデータを送信するためにコントローラ内の別々のデータ領域を定義することができます。
Echochangeは、リモートで構成することができ、必要であればリモートメンテナンス機能を使って診断することも可能です。機器の機能の解析に加え、大規模なイーサネットの診断を提供します。

特長

  • 構成されたコネクションにより別々のEthernetネットワークが一緒に接続
  • 次のEthernetプロトコルを変換: TCP, UDP, IP, ISO (H1), ISO on TCP (RFC1006), PLC-Header, Ethernet/IP
  • TCP/IPのコンピュータをISO(H1)ネットワークにリンク
  • ISO(H1)ネットワークのコントローラをTCP/IPを介してリモートメンテナンス:コントローラはルーティング機能を取得
  • 2つの別のネットワーク(異なるメディア上に複数のプロトコル実行)を接続
  • 異種ネットワーク(1つのメディア上に複数のプロトコル実行)で変換

可能なPLC プロトコルバージョン

  • S5/S7: -> Modbus, -> Rockwell CLX, -> Rockwell SLC/PLC5, -> Melsec-Q, -> Raw
  • Modbus: -> Rockwell CLX, -> Rockwell SLC/PLC5, -> Melsec-Q, -> S5/S7, -> Raw
  • Raw: -> All
対象コントローラ シーメンス Simatic S7/S5, Rockwell ControlLogix/CompactLogix, Rockwell PLC-5/ SLC-500, Modbus TCPコントローラ(Wago, Beckhoff, Phoenix, Schneider, etc.), 三菱電器 (Melsec-Q), その他
Ethernetプロトコル TCP/IP, RFC1006 (ISO on TCP), ISO (H1), EtherNet/IP, AB Ethernet, S5, S7, CLX, SLC, Send / Receive (Raw Data / Socket)、TCP/IP with PLC Header、Modbus on TCP、Melsec-Q、DLMS、DCU
Ethernet
インターフェイス
2xTP (RJ45), 10/100MBit/s
電源 24VDC, 約0.3A
環境 動作温度 0 〜 55℃, 保存温度 -20 〜 70℃
外観サイズ(HxWxL) 131mm x 47mm x 111mm
重量 約0.4kg
取り付け 35 mm DIN Rail
保護クラス IP 20
認証 CE, FCC, VCCI