softing

dataFEED OPC Server Modbus

                 

Modbus互換 コントローラと高速でデータアクセス
dataFEED OPC Modbus

画像はクリックで拡大表示されます

dataFEED OPC Server Modbusは、dataFEED OPC Suiteのコンポーネントです。
Modbus互換のコントローラに高速で簡単にアクセスしプロセスデータと診断データを確認する機能を提供します。
dataFEED OPC Organizer Classic の機能も含まれています。

Modbus コントローラと簡単にデータ交換

dataFEED OPC Server Modbusにより、OPC Client アプリケーション (ERP, SCADA, HMI, など) はModbus コントローラの入出力データ、データブロック、マーカー、タイマー、カウンターをリード・ライトすることができます。
dataFEED OPC Server Modbus を使用した通信では、制御プログラムの変更は一切不要です。

Cofiguration Wizardを含むユニバーサルなユーザインターフェイス

インテリジェントなコンフィグレーションウィザードを持つeasy-to-useコンフィグレーションインターフェイスにより、ユーザはdataFEED OPC Server Modbusのコンフィグレーションを簡単に迅速に行うことができます。
例えば、CODESYS (WAGO)プロジェクトからシンボリック名をインポートすることでOPC Namesapceのコンフィグレーションが可能です。
また、SCADAまたはプロセスコントロールシステムのようなソフトウェアアプリケーションから、既存のコンフィグレーションをCSVファイルを使用してdataFEED OPC Server Modbusにインポートすることができます。

オプションにより、OPC UAを対応、"Industrie 4.0"を可能に

オプションとしてdataFEED OPC Organizer UAを追加しdataFEED OPC Server Modbusと組合せることができます。
このアプローチにより、 OPC UAを対応していないコンポーネントを大きな費用をかけることなくOPC UAの環境にもってくることができます。
dataFEED OPC Organizer UA も、OPC UA規格で定義されている個別のセキュリティメカニズムを対応しています。

 テクニカル
機能 OPC Server, Optimizer, Concentrator, Bridge, optional OPC UA Server
コントローラ Modbus TCP-互換コントローラ(Wago, Beckhoff, Phoenix, Schneiderなど)
Modbus
データタイプ
BIT, BYTE, WORD, DWORD, REAL, STRING, DATE, TIME,
これらのデータタイプの配列
OPC 仕様 OPC Classic Data Access V1.0a, V2.05, V3.0, OPC Classic XML-DA V1.01,
OPC Unified Architecture V1.01 (optional)
OPC データタイプ VARIANT Data Types I1, UI1, I2, UI2, I4, UI4, R4, DATE, BSTR, BOOL,
これらのデータタイプの配列(VT_Array)
OPC 認証 OPC Foundationのテストツールにて検証済み
オペレーションモード アプリケーション(OutProc Server), Windows Service
OS Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2003,
Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012
ライセンス ランタイムライセンス (コンピュータ毎),
アドオンライセンス (追加のdataFEED OPC Modbusにアクセスするための)