softing

OPC Classic Toolkits (DCOM)

                 

Softing社の OPC Classic Toolkitsは、Windows, Windows CE, Linuxなど多様なOSに対応するOPC クライアントとサーバを早く簡単に開発することができすぐれた開発ツールです。
このパワフルな開発ツールにより、OPCやDCOMの複雑な仕様を気にすることなく実プロジェクトの開発に注力することができます。
Softing社のOPCツールは、ユーザのニーズや最新技術に応えて製品の拡張を行い、ワールドワイドで1600社以上の数千の製品の開発に使われてきました。

  • 実証済みのパフォーマンス
  • セキュリティ、OPC完全準拠、簡単な操作
  • 市場投入までの期間を短縮

OPC Classic Windows

OPC Classic Toolkitは、OPC DA, AE, XML-DAを対応する包括的な開発ツールです。
製品に含まれるウィザードを使うことで、DA/AE/XML-DAの選択、開発環境と開発言語の特定、基本的な構成を簡単なステップで設定することができます。
また、ウィザードはOPCサーバとクライアントのフレームアプリケーションを自動生成できるので、後はアプリケーション特定のコードをインプリメントするだけです。
例えば、OPCのネームスペースやイベントエリアの作成、ブラウズ、管理。または、OPCアイテム作成、削除、リード、ライトなどです。

テクニカル
  • OPC仕様 Data Access 1.0a, 2.05, 3.0, Alarms&Events 1.10, XML-DA 1.01
  • データタイプ VARIANT data types I1, UI1, I2, UI2, I4, UI4, I8, UI8, R4, R8, CY, DATE, BSTR, BOOL as well as arrays of these data types (VT_ARRAY)
  • プログラミングインターフェイス C++
  • 対応OS Windows 7 / XP / Server 2003 / Vista / Server 2008(最新サービスパック)
  • 開発環境 Microsoft Visual Studio 2003, Visual C# 2005 Express, Visual Studio 2005, Visual C# 2008 Express,Visual Studio 2008, Visual C# 2010 Express, Visual Studio

OPC Classic Windows CE

OPC CE Toolkitは、WindowsベースのOPC DA, AE, XML-DAの開発キットをWindows CE対応にアップグレードするためのツールです。

テクニカル
  • OPC仕様 Data Access 1.0a, 2.05, 3.0, Alarms&Events 1.10, XML-DA 1.01
  • データタイプ VARIANT data types I1, UI1, I2, UI2, I4, UI4, I8, UI8, R4, R8, CY, DATE, BSTR, BOOL as well as arrays of these data types (VT_ARRAY)
  • プログラミングインターフェイス C++
  • 対応OS Windows CE .NET 4.2, CE 5.0

OPC Classic Linux

OPC Classic Linux Toolkitは、Linux上でOPC XML-DA対応のクライアントまたはサーバを開発するツールです。
製品に含まれるウィザードを使うことで、DA/AE/XML-DAの選択、開発環境と開発言語の特定、基本的な構成を簡単なステップで設定することができます。
また、ウィザードはOPCサーバとクライアントのフレームアプリケーションを自動生成できるので、後はアプリケーション特定のコードをインプリメントするだけです。
例えば、OPCのネームスペースやイベントエリアの作成、ブラウズ、管理。または、OPCアイテム作成、削除、リード、ライトなどです。

テクニカル
  • OPC仕様 XML-DA 1.01
  • データタイプ VARIANT data types I1, UI1, I2, UI2, I4, UI4, I8, UI8, R4, R8, CY, DATE, BSTR, BOOL as well as arrays of these data types (VT_ARRAY)
  • プログラミングインターフェイス C++
  • 対応OS Linux 2.4, 2.6
  • 開発環境 GCC V3, V4