FlexRay ネットワーク設計・テストソフト

FlexRay シミュレーションツール RBS (Rest Bus Simulation)

RBSとはRest Bus Simulationの略で、開発中のFlexRay ECUをネットワーク上でテストするために擬似ECUを設定し、必要なメッセージを開発中のECU間で送受信させることができます。
EberspächerのFlexConfig Modul-RBSは、同社のFlexXCon midgetに擬似ECUをマルチプルに設定し、PC上でシミュレーションを実行します。
開発の早い段階で、HILSより安価で簡単にネットワークシミュレーション実現します。

FlexConfig-Modul RBSは、FIBEXベースの記述ファイルを元にハードウェアシミュレーション(Rest Bus Simulation) を実行するためのソフトウェアです。
同社の開発プラットフォームFlexXCon midgetと組合わせることで、簡単で安価なテスト環境を構築することができます。
FIBEXデータベースをベースに、クリックだけでRBSアプリケーションを自動生成することができます。

FlexConfig-Modul RBS

仕様

FlexConfig-Modul RBS

  • RBSの作成と設計
  • FIBEX(2.0.0.d, 2.0.1, 3.0)とCANdb
  • シミュレーションの対象ECUの選択
  • Cold start機能を持たないECUのセルフ同期
  • シミュレーション対象のフレームの選択
  • RBSの生成と編集
  • 外部ツール無しで直接ダウンロード可能
  • CRC, alive/message counter, ネットワーク管理をリアルタイムで対応
  • ユーザ定義のCRCアルゴリズムのインターフェイス
  • ユーザ定義のalive/message counterアルゴリズムのインターフェイス
  • ユーザ定義のネットワーク管理アルゴリズムのインターフェイス
  • ユーザ定義コードの制御のためにマクロ定義が可能
メリット
  • コストパフォーマンスの高いテスト環境の構築(PC+HWプラットフォーム+RBS)
  • PCが無い環境でもFlexXCon midget上で実行可能
  • バストラフィック、ネットワークのdeadline/overloadをモニタリング
  • CRCとalive/messageカウンタのアルゴリズムとネットワークマネージメントフレームのインプリメントが一度で可能
  • インプリメントした機能に問題がある場合、テストを介して開発中に削除することが可能、これにより開発工程の削減と品質向上を実現
  • RBSで開発の早い段階でエラー検知することで、HILテストの時間を短縮

FlexRay 対応、多様なバスとインターフェイス対応開発プラットフォーム

FlexXCon midget

FlexXCon midgetはオートモーティブの環境の使用にあわせて設計された強固なプラットフォームです。
コンパクトな設計の中に複数のバスとインターフェイスを対応しているので、ゲートウェイアプリケーションやプロトタイピングなど異なるフィールドでご使用いただけます。RBSでは擬似ECUを複数設定しユーザのアプリケーションコードをのせてシミュレーションを行います。

特徴

一番の特長は、コンパクトな外観とバスの多様性です。ユーザは独自のアプリケーションを使って、異なるバスシステム間で、データを送受信する事ができます。また、それ以外に、デジタル I/O とアナログ入力が含まれているので、アプリケーションの幅が広がり、複数のセンサー信号を簡単に送受信する事ができます。 この製品の機能をより活かすために、Cプログラミング方式で、簡単に使用できるプログラミングライブラリを用意しています。このライブラリには、製品の主要機能が既に含まれているので、ユーザはハードウェアの基本的な知識を必要とせずに使うことが出来ます。

テクニカル仕様
  • CPU : Freescale PowerPC w/FlexRay コントローラ MPC5567
  • 電源 : 8V - 42V
  • 2MB Flash, 80KB RAM, 2MB external SRAM
  • インターフェイス : FlexRay 4チャネル、最多 CAN x 5、LIN x 2 または RS232 x 1、Ethernet 100Mbit、USB x 3 (2 Host, 1 Slave/OTG 近日サポート)、DIO x 4, ADI x 5
  • 対応温度 : -40 〜 80℃