FlexRay ネットワーク設計・テストソフト

FlexRay コンフィグレーションソフト

FlexRay 対応 ウィザード機能搭載コンフィグレーションソフト

FlexConfig

FlexRayは、タイムトリガープロトコルです。よって、ネットワーク上のクラスタのスケジューリングや各デバイスのパラメータ設定などは、従来のCANと比較してもかなり複雑です。
これまで、アプリケーションエンジニアは、通信コントローラのコンフィグレーションを仕様書ベースに行なってきました。
このFlexConfig を使用することで、全ての必要なパラメータを簡単なWindows ベースのアプリケーションを介して設定する事ができます。
コンフィグレーションのミスを最小限にとどめるために、全パラメータの一貫性をチェックします。

仕様
  • FIBEX(1.2a,2.0d,2.0.1,3.0.0)のインポートとエキスポート
  • FIBEXファイルの検証
  • フレンドリーなユーザインターフェイスで各データを簡単入力
  • 新しいコンフィグレーションの作成と編集
  • マルチプレックスシグナルとシンボリック名をサポート
  • FlexRayパラメータの一貫性チェック (consistency check)
  • 複数のCC (Communication Controllers) のCHIファイルの出力 : E-Ray,MFR4310, MPC5567, Fijitsu
  • FlexConfigの設定を保存可能
  • バッファーアロケーションを自動またはマニュアルで設定可能

FlexRay 対応 コンパクトなゲートウェイ

CHI Generator

CHI Generator は、小さくてコストパフォーマンスが高いソフトウェアツールです。この製品はFlexRayのCommunication Controller (CC)上にレジスタを簡単にコンフィグできるユーザフレンドリーなソフトです。FIBEXデータベースから情報を検索し対象となるCC向けのCHI (Controller Host Interface)を生成します。CHI Generatorのインターフェイスは、ユーザのソフトウェアプロジェクト内に展開することも可能です。例えば、コンフィグレーションテストや計測システムなど

利点
  • 通信ノードの複雑なコンフィグレーションの簡素化
  • 標準データベース FIBEXを対応
  • プログラミングインターフェイスをユーザ特定のソフトウェアで使用可能
  • 追加のエキスポートフォーマットへの統合
  • 標準フォーマットFIBEXを使用することで、ツールチェーンへの統合
テクニカル仕様
  • FIBEX version 1.2.0a, 2.0.0d, 2.0.1, 3.0.0を対応
  • 対応CC : Bosch E-Ray, FreeScale MFR4200/4300/4310, FreeScale MPC5567, 富士通 MB88121, 富士通 MB91F465XA
    ∗ その他CCも対応可能(on request)