ellisys

Bluetooth® Explorer 400 (BEX400)
プロトコル アナライザ

bluetooth Explorer 400 Protocol Analyzer

データシート ダウンロード(pdf)

BEX400はBluetooth BR/EDRが使用する79の全チャネルとBLEが使用する40の全チャネル、WiFiの1チャネル、さらにはスペクトラムやHCI (USB, UARET, SPI)、ロジック信号等を一台で同期記録する世界で唯一の製品です。

Bluetooth 5で導入された2 M BLE, BLE Long Range, BLE Advertising Extensionといった新しい仕様にも対応 (2M BLEとBR/EDRの同時記録は不可) しており、また今後の仕様更新についても柔軟に対応できるデザインになっています。
市販のBluetoothチップを使用したBluetoothアナライザでは不可能だった照会、ページングのパケットも記録可能で、無通信状態が続いた後のパケットも取り逃しません。アナライザを通信に同期させるためにパケットを出すことは一切なく、事前のコンフィグレーションも全く不要です。

記録できるピコネットの数に制限はなく、Bluetooth パケットを正しく記録し、Instant Piconet とよばれるウィンドウにピコネットの状態をグラフィカルに表示するので、ピコネットやスキャッタネットの状態を感覚的に簡単に理解できます。スペクトラムの同時記録を行うことで、干渉問題の解析にも非常に有効なツールです。
さらに、SSPで暗号化されたパケットも記録でき、リンクキー情報等を後で入力すれば自動的に復号化されます。一度記録されたペアリングのリンクキー情報はPCにも記憶されますので、同じペアリングであればそれ以降はトラフィックを記録するだけで自動的に復号化されます。
市販のBluetoothチップを用いたBluetoothアナライザでは、リンクキー情報を事前に与え、複雑な設定を行い、そしてリアルタイムに復号化を行わないと SSP パケットの記録自体が不可能です。これまで、多くのエンジニアが必要としながらも不可能とされていた機能をEllisys独自の技術が現実のものとしました。

Bluetooth Explorer 400 (BEX400) は、直感的で分かりやすくデザインされ、高い評価を得ているBluetooth Analyzer Softwareを使用します。
このソフトウェアは、Ellisysのサイトから無償登録を行うことでダウンロードできます。サンプルのトレースファイルも含まれていますので、その操作性を是非体感してください

説明やデモをご希望のお客様は「お問い合わせ」ページよりお申し付け下さい。
お客様の環境下で実トラフィックの記録や評価貸出も行っています。

☆Ellisys Bluetooth アナライザ関連の技術資料へリンク