dap TECHNOLOGY
IEEE1394b対応
Link layerのIP Core FireLink®

                  

FireSpy®の実証された高品質な1394b IP Core

Link Layer IP Core

DAP Technology社は、同社のアナライザFireSpyシリーズで実証されたコアを製品としてリリースしました。このコアは、VHDLでかかれており、リファレンスデザインとして現在はXillinx、近日中にAlteraのFPGAを対応します。
このLLCは、非同期パケット、アイソクロナスパケット、Phyパケットを含む各パケットの送受信を、800Mbpsのスピードで、提供することができます。今後の拡張により、 S1600 や S3200 スピードを対応することもできます。(PHY/LINKのインターフェイスの規格化後)
2つのバージョンのコアをご用意しております。 Basic Versionは、小さなサイズのコアに最適化されており、Extended Versionは、ハイスループットとバンド幅で最適化されています。

Basic versionの IP Coreは、800Mbpsのデータ転送とnon-PCI Linkコントローラのデザインアプリケーションに最適です。最近では、この条件を満たしたシリコンが市場にないため、FireLink®は、この要望に応える製品です。

エアロスペースとディフェンスアプリケーション向けに、AS5643(Mil1394)protocolを対応したオプションを用意しております。インダストリアルアプリケーションでは、ロボット、マシーンビジョン、デジタルプリンティング、医用イメージングなどが考えられます。コンスーマアプリケーションでは、セットトップボックス、DVD、AV、機器などに使われます。

Basic versionでは、パケットデータフローは、プロセッサドリブンです。全ての送受信パケットはDual Ported RAM Bufferからリード(ライト)されます。このDPRAMは、Coreの内部にあり最大パケットサイズに合わせてカスタマイズできます。

Basic version

  • Basic version
  • Basic version
  • Basic version
機能
  • Host Bus Interface
  1. Generic : 32-bitシンクロナウスホストバス
  2. OPB : Xilinx社のMicroBlazeとPowerPCプロセッサ用のFPGAで使用される32-bit シンクロナウスバス
  3. Avalon : Altera社の NIOSプロセッサ用のFPGAで使用される、32-bitシンクロナウスバス
    Basic versionは、スレーブだけのバスインターフェイスをインプリメント。 Extended versionは、マスタとしてバスにアクセスするDMAエンジンを利用する。
  • Control Status
    両バージョンとも、write/readレジスタをいくつか持っている。 これらは Link Layer Controllerを制御し、ステイタスをチェックするために使われる。Extended Verionでは、DMAエンジンの制御も提供される。
  • CRC Calculation/Verification
    データとヘッダのCRCは、Outgoing Packet に自動的に追加される。CRCは、s are verified for incoming packets のため確認され、不完全なパケットは無視される。
  • Ack Generation
    アクノレッジパケットの生成は、 incomingパケットの内容、可能なバッファスペース、LLCステートをベースとする。 追加されたアクノレッジが制御したり、エラーアクノレッジを注入することができる。
  • Filtering
    NodeID (async) と チャネルナンバー(iso) は、パケットフィルターエンジンを特定する。
  • Cycle Start Generation (optional)
    Cycle_Timeレジスタに関連する Cycle Start Packet の生成機能は、オプションとしてHWでサポートされる。
  • SO Ports (optional)
    オプションとして、ISO の受信 または ISO 送信ポートは追加可能。送受信のアイソクロナウスパケットは、これらのISOポート介してルーティングされ、効率のよいデータパスが提供される。パケットヘッダは、スキップ(RX)または自動的に生成(TX)される。
  • Monitor (optional)
    オプションとして、パケットモニタがサポートされる。主にデバッグに使われる。

Extended versionの IP Coreは、800Mbpsのデータ転送と高速なデータスループットのアプリケーションに最適です。高いバンド幅のデータレートにはDMAオペレーションが不可欠です。最近では、この条件を満たすnon PCIバスのシリコンが市場にないため、FireLink®は、この要望に応える製品です。

エアロスペースとディフェンスアプリケーション向けに、AS5643(Mil1394)protocolを対応したオプションを用意しております。インダストリアルアプリケーションでは、ロボット、マシーンビジョン、デジタルプリンティング、医用イメージングなどが考えられます。コンスーマアプリケーションでは、セットトップボックス、DVD、AV、機器などに使われます。

Extende versionでは、パケットデータフローは、DMAドリブンです。この製品のDMAエンジンは、FIFOバッファからの送受信パケットを自動的にハンドリングします。ユーザは送信されるパケットのリストと受信されるパケットのサイクリックバッファを作成します。FIFOは、Coreの内部にありホストバスのレイテンシーに合わせてカスタマイズできます。

Extende version

  • Extende version
  • Extende version
  • Extende version