dap TECHNOLOGY
サポート

                  

1394b は、既存の規格 IEEE-1394(1995) と 1394a とコンパチブルな新しい規格として組込みシステムの高速通信を可能にします。この新しい規格は、オートモーティブやエアロスペース、テレコミュニケーション、ロボティックス、セットトップボックス、家電製品、ホームネットワーキングなどの多様なマーケットとアプリケーションに必要なバンド幅とフレキシビリティをカバーするものです。

  • 高速通信速度: 800 Mbps 〜 1.6 Gbps (将来的には 3.2G)
  • 既存のIEEE-1394バージョンの対応スピードとの互換性を保持し通信スピードを拡張。IBMにより開発された新しいコーディング(8b-10b coding) を含みます。
  • 新しい通信メディアと長距離の接続が可能です。(最長 100m)
メディア   距離 100 Mbps 200 Mbps 400 Mbps 800 Mbps 1.6 Gbps
UTP-CAT5 Unshielded Twisted Pair. 100m check        
POF Plastic Optical Fiber. 50m check check      
HPCF Hard Polymer Clad Fiber. 100m check check      
MMF Multi Mode Fiber. 100m     check check check
STP Beta Short Twisted Pair. 4,5m     check check check
  • 新しい接続モデルとアービトレーションスキーム
  • 1394b では、2つの通信リンク (TPA and TPB) は一方向で、 TPA はTPB が受信に使われている間に送信として使われます。 1394b は、パフォーマンスの拡張を可能にするデュアルのチャネルを使用してアービトレーションとデータ転送を行います。. データ転送を行うノードも、他のノードからのアービトレーション(調整)リクエストを受信したアービター(調整役)として動作します。一度転送が完結すると、次の送信者とアービターにバスの許可を与えます。IEEE-1394 (1995) または IEEE-1394a ノードと接続するための "バイリンガル・ノード " と言われる特別なインターフェイスがデザインされました。
    この新しいアービトレーションのメカニズムでは、データの転送がアービトレーション信号の転送と重なります。小さなパケットのレイタンシーを最小限にし、アービトレーションギャップは除去されます。
  • EMIの縮小
  1. 1394bは、適切なクロックのリカバリーのために8b-10bエンコーディングを使います。
  2. IEEE-1394 (1995)とIEEE-1394aに完全互換 。
  3. IEEE-1394 (1995) または IEEE-1394aから 1394bへの移行際のソフトウェアの変更は最小限で可能