ECU計測 CAN インターフェイス

CAN Hardware Interface

CAN Interface

PCによる開発や設計が主流になり、広い範囲のアプリケーションを提供することが可能になりましたが、逆に通信リンクに要求されるリアルタイム性により高性能なインターフェイスカードが不可欠となります。
Softingは、ノートPCをはじめとするさまざまなコンピュータ環境でCANを実現するための各種インターフェイスとドライバをご提供いたします。
パワフルなローカルプロセッシングとデバイスとPC間の安定的な通信を保証する機能をサポートします。

CANpro-USB

CANpro USB

16bitのマイクロコントローラの搭載により、1Mbit/secのボーレートでCANデータストリームをロスすることなく処理、ロードすることができます。 CANpro USBは、制御、計測、解析などのCAN(CANopen) の広範囲なアプリケーションに最適な製品です。USBのPlug & Playテクノロジーにより簡単にCANインターフェイスを実現します。

詳細

ドライバ

Windows XP, Vista, 7対応のドライバライブラリにより、PCベースのアプリケーションにCAN通信を簡単にインテグレーションすることができます。Softing社の各CAN Hardware Interfaceは、共通のAPIにより、簡単に他のハードウェアプラットフォームへの移行が可能です。

CANオブジェクトメモリ
  • 送受信のために確保されたメモリにオブジェクトバッファを介したCANメッセージの交換
  • 2048の送信と受信オブジェクトのスタティックモード (11bit identiiers)
  • 200の送信と受信オブジェクトのダイナミックモード (11,29bit identifiers)
  • リモートコントロールとサイクルトランスミッション (1msの最小サイクルタイム)
  • CANデータベースの最新イメージの保存
FIFOオペレーション
  • 255の送受信メッセージをシーケンシャルに保存
  • タイムスタンプを含むメッセージの履歴
  • CAN通信とPCアプリケーションのカップリング
アプリケーション
  • DTS7、DTS8 ECU診断ソフト
  • X-Analyser CAN/LIN/J1939/CANopen/DeviceNet対応アナライザソフト
  • LabVIEW 計測・制御ソフト

CAN-AC2-PCI

モバイルプラットフォームのためのパワフルなPCカード

16bitのマイクロコントローラの搭載により、1Mbit/secのボーレートでCANデータストリームをロスすることなく処理、ロードすることができます。 CAN-AC2-PCIは、独立した2つのCANネットワークにアクセスすることができます。カードとPC間ではデュアルポートRAMを介してデータ交換が可能です。 オートモーティブの環境の下記のようなアプリケーションに有効です。

  • ECUとアプリケーションの開発
  • ECUのファンクショナルテストやインターフェイステスト
  • 生産過程でのECUとのデータ交換

詳細

ドライバ

Windows 2000, XP対応の32bitドライバライブラリにより、PCベースのアプリケーションにCAN通信を簡単にインテグレーションすることができます。各CAN Hardware Intercaseは、共通のAPIにより、簡単に他のハードウェアプラットフォームへの移行が可能です。

CANオブジェクトメモリ
  • 送受信のために確保されたメモリにオブジェクトバッファを介したCANメッセージの交換
  • 2048の送信と受信オブジェクトのスタティックモード (11bit identiiers)
  • 200の送信と受信オブジェクトのダイナミックモード(11,29bit identifiers)
  • リモートコントロールとサイクルトランスミッション (1msの最小サイクルタイム)
  • CANデータベースの最新イメージの保存
FIFOオペレーション
  • 255の送受信メッセージをシーケンシャルに保存
  • タイムスタンプを含むメッセージの履歴
  • CAN通信とPCアプリケーションのカップリング
アプリケーション
  • DTS7、DTS8 ECU診断ソフト
  • X-Analyser CAN/LIN/J1939/CANopen/DeviceNet対応アナライザソフト
  • LabVIEW 計測・制御ソフト
  • xPC target Simulinkモデルのラピッドプロトタイピング環境
  • RT-LAB シミュレーションソフト
  • DASYLab 計測ソフト

CAN-AC2-104

CAN-AC2-104 (PC/104)

パワフルな16bitマイクロコントローラを搭載することで、データを喪失することなくデータストリームをプリプロセッシングしバッファするすることができます。結果的にアプリケーションのリアルタイム要求を実現します。 CAN-AC2-104は、独立した2つのCANネットワークにアクセス、CANコネクタはリボンケーブル経由で、104ボード上に固定されるので、条件が良くない環境での使用も可能になります。その他にも耐久温度の拡張タイプもご用意できます。

詳細

ドライバ

Windows 2000, XP対応の32bitドライバライブラリにより、PCベースのアプリケーションにCAN通信を簡単にインテグレーションすることができます。各CAN Hardware Intercaseは、共通のAPIにより、簡単に他のハードウェアプラットフォームへの移行が可能です。

CANオブジェクトメモリ
  • 送受信のために確保されたメモリにオブジェクトバッファを介したCANメッセージの交換
  • 2048の送信と受信オブジェクトのスタティックモード (11bit identiiers)
  • 200の送信と受信オブジェクトのダイナミックモード(11,29bit identifiers)
  • リモートコントロールとサイクルトランスミッション (1msの最小サイクルタイム)
  • CANデータベースの最新イメージの保存
FIFOオペレーション
  • 255の送受信メッセージをシーケンシャルに保存
  • タイムスタンプを含むメッセージの履歴
  • CAN通信とPCアプリケーションのカップリング
アプリケーション
  • LabVIEW 計測・制御ソフト
  • xPC target Simulinkモデルのラピッドプロトタイピング環境
  • RT-LAB シミュレーションソフト
  • DASYLab 計測ソフト