アセンブラのシンボリックデバッグ

Arium社では、SourcePoint(ホストデバッガ)でアセンブラのシンボルファイルをロードするためにMASMのマップ・ファイルから テキスト・シンボル・ファイルを生成するためのコンバータをご用意しております。

  • マップ・ファイルのコンバート
    下記URLのUtilitiesより、MAP to TextSym converter及び(Documentation)をダウンロードしてください。
    http://www.arium.com/support/downloads.html
    MAP2TSYM.EXEにより、*.mapファイルを*.symファイルにコンバートできます。詳しくは、ドキュメント(Documentation)を ご参照下さい。

    下記環境で正常にコンバートでき、SourcePointにてロードできることを弊社にて確認いたしております。
  1. Microsoft (R) Macro Assembler Version 6.14.8444
  2. Microsoft (R) Segmented Executable Linker Version 5.31.009 Jul 13 1992
  • テキスト・シンボル・ファイルのロード
    テキスト・シンボル・ファイルのロードは、FileメニューのProgramからProgram Loadをクリックし、ファイルの種類で Intel TEXTSYM symbol  file (*.sym)を選択し、コンバートしたテキスト・シンボル・ファイル(*.sym)をロードしてください。

  • シンボルでのブレークポイント設定
    SourcePointでロードしたシンボルは、Breakpointの設定に使用することができます。